« 10th 『D』ecade-CUP レポ | トップページ | シータビート再び・・・エクスの由来 »

2011年8月27日 (土)

カードゲーマー

20100522204423_01_400

ニシハラさんのとこで知ったんですが、どーやら新しいTCG雑誌が10月に創刊されるそうで。その名も『カードゲーマー』。

・・・申し訳ないけど、買いたいな~って思うネーミングではないな^^;もうちょい捻ってもよかったのでは?!

ゲームジャパンの後釜雑誌とのことで、完全なTCG専門誌とのこと。ゲームジャパンがカード屋さんに置いてあるのみかけて、DMの記事ちょっと読んだことあるけど、字が小さくて読みづらかったのですぐ見るのやめたことしか覚えてない^^;ゲームジャパン休刊したんやね・・・

で、ちょっと気になったので【カードゲーマー】【創刊】で検索してみたら、とある記事を見つけたので紹介してみたいと思います。

まずは、あいせんさんのあさがおさん観察日記’11『カードゲーマーだそうですが』という記事を読んでみてください。

あいせんさんはマジック等TCGに詳しく、過去にもどこかで(Bさんとこだったかな・・・?)DMにも共通する内容ということで、記事が引用されてたのを覚えています。

この記事でもっともハッとさせられたのが、

世の中ではネット上の情報が最新だという見方が一般的だろうと思うのですけど、実はTCGの世界ではそれすらも本当の意味での最新ではなかったりするわけです。それなのに雑誌なんてタイムラグも甚だしいメディアが「このカードやデッキで勝て!新製品の超速最新情報をあなたに!」なんて見出しで読者を煽れば、分かっている人間は「アホか!?」という感想しか持ちません。

という文章です。

言われてみれば確かにそういう一面を持っている。であれば、TCG雑誌はどういう位置づけにあればいいか?あいせんさんは追記でこう続けています。

カードゲーマー販促のための基本的な発想として、私個人は「TCG販売店が店頭に置いてお客さんに読ませたくなる雑誌」を目指すべきだと思います。・・・「皆でTCGを楽しもう」的な魅力あるコンテンツを開発できるかが、カードゲーマーの将来を決める決定的な要素になると思います。

最新のデッキ構築や新しいカードの情報はいまやネットで手に入る。それらと対抗せず、雑誌にしかできない情報の提供を行うことこそ、TCG専門誌『カードゲーマー』という雑誌の存在価値があるということなのでしょう。

具体的には、

・裏スリの作り方/オリジナルレギュレーション提案(タワーデッキやマジックのEDHのような)。。。等、新しい遊び方の提案!
・オリジナル裏スリ/オリジナルカード/殿堂予想コンテスト。。。等、読者参加型イベントの開催!
・オリジナルTCGの製作・・・読者と一緒に、新しいTCGを作り出す!

というような、個人のブログやサイトでは拡散に限界があり、メーカーがやるには細かすぎたり簡単には取り組めない内容でも、雑誌がその間に立って、TCGプレイヤー=読者と一体となって、新しい流れを作り出すことができるんじゃないかな?と思うのです。

と、まー考えてもしょうがないので、何はともあれ、TCG専門誌『カードゲーマー』の創刊に期待しましょう。DMのプロモも付くみたいだし。

もちろん巻頭グラビアには、エイプリルのコスプレした加藤夏希(byもやしもん)でキマリっ!!

|

« 10th 『D』ecade-CUP レポ | トップページ | シータビート再び・・・エクスの由来 »

コメント

加藤夏希、関係ないぢゃんっ!
いあ、好きだけどね(byもやしもん

投稿: がががっち | 2011年8月27日 (土) 09時49分

>がががっちさん
エイプリル⇒ボンテージ⇒長谷川さん⇒加藤夏希っーことで^^雑誌なら、もやしもんとDMのコラボもアリですねw

マジ加藤夏希グラビアなら、買うんだけどな~w

投稿: ましまろ | 2011年8月27日 (土) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10th 『D』ecade-CUP レポ | トップページ | シータビート再び・・・エクスの由来 »